春は30デニールのタイツで

考える、の整理をしたいと思っています。

内田樹さんに救われる夜

●今、本当に今までのやり方ではこの先に行けないんだと心の底から思っている話 それはコロナだからでもありコロナが全く関係ないところでもそう思っている。 いろんな人がいる、でもそれを多様性と呼べるようになるには仕組みが必要なのだ。 反射に対する対…

禁止されていなかった頃の手触りを価値と呼ぶ

肉体的と脳を極限まで使うと多分倒れるんだけど、その手前はめちゃくちゃ寂しくなって誰かにそばにいて欲しくなるみたいなものが発動しやすい。 きっとそういうのも研究されていて人間の感情なんて科学の手のひらで転がされてるものなんだろうな、、(だから…

待合室の緩やかな祈り

散々だったなーと思いぶつけるように打ち込んだ日記のようなものも寝て起きるとちょっと恥ずかしくなってしまうな。 あったかくなってくると嬉しい。単純。 お花見したい、散歩したい、緑が濃くなって行く様を喜びたい。お酒も飲みたいしご飯も食べたい。音…

ポップコーンファクトリー

こんな時だけど、がっつり現場に出勤している組です。 変な時間に家に帰るとちょっとだけ残っていたパワーも吸い取られてしまうので、帰る時間の調整も生活に組み込まねば今の状態を生き抜けないな…昨日4日分くらいのカレーを作った自分を褒めたいと思う。 …

部屋を借り合うというスタイルで

年末からものすごいハードだなーちょっと身体もたないなーと思ってブログ振り返ったら去年の夏くらいからずっとハードだって言ってた!よかった。年齢のあれで急に可動域が狭まったのかとビビってた。疲れがじわじわきてるだけでよかった 二日に一回はぽろぽ…

夜な夜なカラーで夢は見たい

簡単に人を嫌いになれる性分なので、好きになる努力は人よりもしてる。 ただ、それだけ頑張ったのにだめってことはほんとに合わないのね。って、どっかでばっさりいってしまいそうだなーと振り絞る度に思う。 まだ、大丈夫だった。 また堪えられた。って続け…

泉のように湧き出る欲望と手を繋ぐ

古い古いマックブックを使っているけれど、少しずつパソコン作業が増えてきてやっぱり性能大事ってところにたどり着く。新しいの欲しいな。 レトロとかB級好きなどのイメージがありその辺誤解されやすいけど、私はめちゃくちゃ新しいものが好きだ。家も新し…

チョコレートより手羽元炙り焼き

出店までの怒涛のタイム感から出店中は時間が止まっているみたいにのんびり。これが快感にもなっているのだが…目まぐるしい。自分で決めたことと気づいたら決まってたことが絡み合って分刻みのスケジュールになっている。 そして最近目眩が多い。もうすこし…

隙間の合間のキャベツ戦争

人格が乖離してきている気がするが、長年近くで見ている人に言わせてみれば元々こうだったらしい。近年が大人しかったというだけ。 人生において無駄なことなんてないのだけど(これは本当にそう思っている)、全体図と状況を照らし合わせたその瞬間に見える…

人生はラッキーなことばかり

空海も鬱だった。とぽつっとラインをもらう。 私のいいところを探してくれる人がいる。伝わらないことを伝えようとすると怖がられてしまうかも。。と思うことが最近は多いので、救われている。 怖がられるかもって思うのは自分の技術不足のせい。まだまだそ…

何色のスカートで君に会いに行こう

何歳になってもどんな立場でも男女問わずくしゃくしゃに甘えたい時がある。といいつづけるぞ。この歳になってもそういう時がある自分を正当化する。 人生で一番頭使ってるし一番絶望してる。絶望しながらどうしていこうかを考えている。だから絶望は希望だ。…

カルマを断ち切るためには思い出す必要がある

性の話やお金の話がもっとオープンなものになればいいという思いがなんで生まれるようになったのかというと、子供に受け継ぎたくないからなのかもしれない。 記憶からなくなっていたことを思い出したり、嫌悪感を確かめたりするのは未来のためなのかも。自分…

総入れ替え戦始まる

脳がストップしたので休憩 人間が怖くなった。悲しみを受けてしまった。 はー、落ち込みそうでやだな。 ぐちぐちぐちぐち。愚痴です。 ブラックホールに吸い込まれそう

カレーこそ世界平和と言ってもいいのではないか

頭頂部がごっそり禿げてしまい実母に泣きつく夢を見て朝からものすごい不安感で、夕方うたた寝15分にも変な夢を見て動悸がすごくてなかなかハードなメンタルで今からアップルパイを作る。 いろんなことが一年前とは確実に違っていて、社会が変わったというの…

祝福だけでいい

できるできないの判断はただの事実であって優越をつけるためのものではない! だけど、疲れていたり自信がなくなったり不安なことを両手いっぱい抱えていると、「できている」「できていない」に意味がついてしまう。勝手な意味づけで自滅してしまう。その瞬…

夜を手放した。

気絶寝直前に諦めて寝てる。朝になったら作業できるからはやく朝になってくれって思ってる。 なんとかハイみたいなやつかも みんな憧れを切り取って欲しがっていて、作らないと完成しないのに完成したものを欲しがっている。 だから完成させられる人の価値が…

終わりは始まりでしかないのだ

数日前に見た友人のライブがめちゃくちゃ良かった。未来しかなくて泣けてしまった。覚悟の顔をしていた彼がとてもかっこよかった。 今が一番のピンチかもしれないし一番悔しい日だったかもしれないけれど最後というのはただのおまけだと思わせてくれる美しい…

このタイプのコミュニケーションが必要なマルシェ

規模が小さくなればなるほど密なコミュニケーションが必要になっていく。 この時間をなかなかうまく過ごせないでいるけれど、必要なんだろうなぁと思いつつ、パソコン開きたいなぁと思ってはこっそり日記のようなものをスマホで打ち込んでいる といいつつ、…

気の迷いの連続性

数日、現実と現実以外みたいに切り離そうとしていて自分で自分の首を締めていた。 書きたいことはたくさんあるのにどれをまず書こうか迷ってやめてしまう。 私の好きなものの共通点を探しては、結局人由来になってしまうので諦めたり、それでも気になる点は…

距離感やバランスを夢見る作業前の日記のようなもの

あんまりうまくないので、欲しいものは手に入れるか諦めるかの二択だった。まぁ、大体の人がそうだと思うけど、わたしは手に入れたいものが手に入らないことに耐えうる能力を全く持っていないので、だからどこかできっとパッと足をとめることになるんだろう…

もうひと頑張りする前の息抜きのようなもの

どうしよう、この週末も凄まじかった。違う種類のエモだった(全部エモで通そうとしてる)。 土曜も日曜も駆け抜けて今日は抜け殻だったけど、それでも溜め込んでいたやりとり全方面進めたのでえらい。 凝り固まっていた11月が少しほぐれたのは、やってみな…

講習時間に書く日記のようなもの

だいたい、自分の思い通りになると思っている人から他人は思い通りにならないことを教わるので、どっちも歩み寄るって構造が無謀なのではないか?と考えるようになった。 昨日のスタジオ終わりに満点の星空を見ることができたし、その前日には高速乗ったら紅…

ひどくおちこんでいるって思ったけどそうでもなかった人の日記のようなもの

ツイッター見ちゃダメな日がまだある。 ひどくおちこんでいた(過去形) 枯葉や枝を拾いがてら公園を散歩したら木と空がとてもきれいでため息がちいさくなったし、テレビもたまに見るといい。頑張りたいことと、でもそこまで届かないことを知ることも悪くな…

意識は循環する

家でダラダラする、というのは物理的精神的どちらでも近い存在でないと成立しないのでそれを願ってしまう時の精神状態はたぶんよくないものだと分析する。 月がとっても大きい。めちゃくちゃねむい。 一週間おつかれさまでした。ってダラダラしたいところだ…

全然HSPじゃなかった人の日記のようなもの

全然違った。笑えるくらい違った。 逆に真ん中過ぎてこれはこれでなんか名前ついてそうだね、、という。こうやって人生を諦めては堂々と生きていけるようになるんだと思う。 やっぱり、必要なのは諦めることなんじゃないかな。 諦めるってことは諦めた外側は…

ダブルソフトから見る時間の経過

進めていた場所の許可が一つおりてホッとしたのも本当に一瞬で、進めなくてはいけないことが手からこぼれ落ちている。スタートラインにもまだ立っていないのにこんなとこで休んでる場合じゃないなーと思いつつホームセンターに買い出しに出たら「コメダでも…

小麦がおいしい食パンを買ったから人生は豊かだ

思いがけず娘と友達の宿題をみる時間があって夕方から家にいた。そのままご飯食べて2人の遊びを見守って送り届けた。天気悪いし喉痛いし生理だし食べ続けてるしメンタルくしゃくしゃだし頭痛が薬切れた瞬間から襲ってくるしで割とボロボロだけど、子供の無邪…

目が覚めてはじめに思うことはいつも眠い

昔はショートスリーパーかも、なんて浮かれていたけど全く笑えるくらいそうじゃなかった。 眠れない日の後は体調を崩すけど耐えきれず昼間寝てしまうと夜眠れなくなるをループしている。怖がっていた睡眠導入剤もドラッグストアで買えるものだしビビることは…

何回目かのなんだったんだ7デイズ

いや、まぁ、もう7デイズなんて一瞬の話で終わるけれど8年となると人生の10分の1くらいなのでまぁまぁ長い。 そう思うと彼の12年はまぁまぁどころかかなり長い。 一生分愛されたと思っているけど、欲張りなのでまだ愛されたい。 一番愛されたり愛した人(…

あの人のタイム感

タイム感のズレがあるのは当たり前で、それがどのくらいかどんなペースなら心地いいのか、それを他人に説明するところまでをそれぞれのタイム感と呼びたい。 悪意のない無意識の悪意を何と呼べばいいのか。 路頭に迷った時、ついつい名前を探してしまう。 答…