春は30デニールのタイツで

考える、の整理をしたいと思っています。

後から後からついてくる

私にしては大進歩の一か月だったので備忘録的に。5月とともに。「今度飲もうね〜遊ぼうね〜」の、今度が割とないタイプの私なのですが(言ったもののこんな自分と一緒にいて楽しいのか?と思って誘えない。という、これまたちょっと歪んだ理由だったりするの…

四月は否が応でも新しい世界を見ようとしてしまう

(4月4日)一年が、またはじまった。2月くらいからなぜかとてもバタバタと忙しく、「年度末だからかな…ならば3月やり切るぞっ!」となんとか3月を終えたものの新年度に入ったところでそのバタバタは解消される訳がなく、「新年度だからね、4月頑張らね…

もはや、クロスオーバー世代なんじゃないか

テレビの中で生中継同士局をまたいで同時に放送されているのとか、スーパーヒーロータイムの仮面ライダーとトッキュージャーが一緒に出てたり、プリキュアオールスターとか!あういうのほんとわくわくしちゃうんですよね。予定調和(それすら予定調和なのか…

山口智子になりたかったんじゃないか説

一番テレビを見ていた時期、今からもう15年…いや、20年くらい経ってしまうのだけど。小さい頃からずっと憧れの大人だったのが山口智子。憧れとはいっても、なんとなく、テレビの中すぎて(ドラマの中過ぎて?)実在しない人物みたいになっているので呼び捨て…

ぴったりのタイトルを思いついたんだけど、鍋の中に吸い込まれてしまった

携帯が使えなくなって(落として)、慌てて機種変更をしたのはいいのだけど、いろんなもののログイン作業が多くて辟易してる…でも、画面が大きくて写真を見てはにんまり。生きる希望とはなにか?とかはあまり考えなくなってきたけど、大事ものの前で足踏みし…

実感に次ぐ実感により結果半信半疑だったものを必要としていることを知った時の感情に名前をつけたい

2016年、始まりました。(実は数日前に700字程度まですらすら、つらつらと打ち込んでは消えたブログ二度目の挑戦)内容は全くの別物になりますが…新年早々、生活スタイルをガラリと変えて過ごしているのですが、これがすごく楽で。楽というのかな?なんだろ…

円グラフで生きるために必要ないくつかのこと。

好きな空が何個かあって、その中でもこないだの夜寄りの朝と夜の間の月に照らされたうろこ雲は絶品だった。自然のものに対しては、毎日毎日微かな変化に感動できるのに、目の前の人間にはなぜ苛立ちしか覚えないのだろうか…苛立ち=期待だなって自分の中で落…

冷たい床に寝転ぶ季節の終わりのはじまり

進められてないもの、進んだもの、終わったもの、これから始まるもの。この夏はずっと混じり気100パーセントだった。「がむしゃらだった」みたいな評価の仕方もできる。まぁ、焦るも寝るも私のさじ加減ひとつだし、眠れないとか言ってるこの口も、脳が寝ない…

ぺらぺらの布団を並べて敷く行為にエロスを感じたのは自分がこの年齢になったからであろうか

ベッドと二階建ての家に憧れていたはずだったんです。いや、憧れていたんですよ。30歳くらいまではね。生まれて今までベッド生活をしていた時期は幼少時代の二段ベッド(長女なので上を確保)と一人暮らし時代の二年間(レオパレスのぎしぎし簡易ベッド)と…

今日から思想哲学世界観を振り乱す

夏になると特に原因を探ることもなく「夏バテだー」って胃痛や体のダルさを抱きしめながら過ごしている。それは愛知県に引っ越して来てからほぼ毎年のことなので本当に夏バテでしかなかったし、夏生まれなのに本州の暑さや湿度は相変わらずダメなんだ。と言…