読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春は30デニールのタイツで

考える、の整理をしたいと思っています。

ブルージーに気取るよりも飛行機雲を淡々と歌ってくれた方が好きだったりするのです

これはフィクションです。登場する人物、モノ、空、など、全て想像の塊であります。

数日の備忘録。


6/28
髪を切った。
ベタだけど何かが変わる気がした。10年分のなにか、背負ってたものというかこだわってたものが切らなきゃ変わらない気がした。
隙間の1時間でバッサリと。
確かに、もっと短くても良かったかもしれない。もうすこし顔が小さくなったら、もうすこし短くしよう。
切ってから、お昼ご飯を食べに行った場所でなんとも面白い出会いがあった。


やってみると意外と楽になってしまう。ということを何度も経験しているので、きっとこれだって乗り越えられるよ。どうなったって笑えるようになるって。私はもしかしたら、借金まみれになっても言ってるんじゃないかと思うくらい能天気なところがあると気づいた。
ただ、大事にし過ぎてる。大事にしなければならないと思いこみすぎている。10年抱え込んでいたブログもそうだった。消してみたら、あらすっきり。(といいつつ、またこうやって綴っているのですが)
もう、いいんだなって。やーね、全然だめだけどさ。



夏は水分たっぷり生のまま丸かじりできる野菜がいっぱいで嬉しい。冷蔵庫が喜んでいる。ついでにわたしも。
すいかととうもろこしが同時にいつでも食べられる状態の時が1番幸せかもしれないなと、ゆでたてとうきみの匂いを嗅ぎながら思った。



(6/29 AM5:29)
タイミングがすべて遅くて、手の力が抜けていくのがわかった。
髪を切ったってなんにもかわらないこと。
楽にならないこともあるということ。
手放せないものも、手放したくないものもやっぱりあるということ。
それでも手に入らなかったり、近くにいれないこともあるということ。
あ、でも、この先もう繰り返さないという点では変わったのかもしれない。
未来を思いながら変えようとする時、それは死ぬほどつらかったりする。
おやすみなさいもさようならに聞こえる。触れる手も最後のようだ。というか、あれが最後だった。
それを覚悟出来てないだけ。

なんでだろう。だめなのかな。
みんな今を生きてるのに。好きな人のそばに行きたいと思うことのなにがだめなのかな。なんてね。そういう話じゃない。そもそも好かれてない。みたいな。

自由になろうとしすぎた。それはやっぱりマジックだったんだとおもう。
だから、ほんとうにその時間が終わっただけなのかもしれない。

怒れたり、憎めたらどんなに楽かなって思う。
怒りのパワーは時に次に進むパワーになったりする。なんらかのエネルギーがある状態、それは前でも後ろでも力になる。

空っぽにしてしまう関係こそ、あってはならないのだ。そんなのは続くはずがないのだ。





(6/29 お昼の少し前)
昔聞いていたラジオのなごりを抱きしめて、11時11分に願い事をしてしまう。
仲直りしたい。って。おまじないや神頼みしかないのかぁって、ちょっと情けなくなった。


全部遅い。そしていくらでも掘り起こせる。だから、昨日のような傷あとをいくらでもつけられるんだ。いろんな刃物で、刃物じゃないもので、武器を持たせないという方法で…やり方がありすぎで、とてもずる賢くなった。



その後のおはなし。(7/1)
髪の毛を切ったことで変わったことはたくさんあった。
それは、自分を肯定するための理由に使っているだけかもしれないけど、違う未来になるんじゃないかな?と思えた。
それが同じ気持ちだったのがうれしい。

不安な夜は腐るほどある。
だから、その度に確かめ合いたいなって。
逢いたい人には逢いに行けばいいんだと、
いろんな場所から教わっている。


とても不器用でとても器用。

そういえば、疲れたばかりを大事にしていたな。身体の不調ばかりを気にしていたな。
楽しいや楽しい顔を思い浮かべることをずっとしていなかったかもしれない。



もっと褒められてもいいのにな。
みんな、もっと認めたらいいのにな。
そんな世界が良いな。
ありがとうもごめんねも同じ数だけあっていいよ。