読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春は30デニールのタイツで

考える、の整理をしたいと思っています。

みかんと氷砂糖を1日1回ひっくり返す毎日

ここ二週間好きなだけ食べて好きなだけ飲んでいたら、きましたきました。胃痛あり。
するすると力が抜けていく感覚。
実はお酒があまり好きではないのかもしれない。いや、好きなんだけど、相性が今いちなのかな…なかなか、昔のように過ごせなくなっている。

それでも、この人とゆっくりお酒を飲みたいなぁという人は何人か居て、わぁぁー!じゃなくてしっとりと過ごしたいなって、身体と相談するとそんな結論に達するのだ。ひとりで飲むのもいいなって。
【身体と相談する】という選択肢があること自体数年前の自分はびっくりだね。
こうやって年を取っていくのかな…
まぁ、でも、好きな人が笑ってるのがいい。そんで、私のことを思い出してくれたりするとただただうれしい。それだけなような気もする。お酒こそ、楽しいしかいらないので、楽しくないなら飲む必要もないなと、我慢出来ていく自分に少しの寂しさを覚えながら過ごしている。


ゆっくりゆっくり、話しながら整理していることが多くて、話して自分を知ることがたくさんある。昔より、話すようになったのかなぁ、なんだろ。話すのが苦手だから話したくない…(と、打ちながら苦手だからじゃないな…、私と話しても相手がたのしくないだろうな…と思うから2人で遊ぶとか女の子とも男の子とも怖くてしてなかったんだ!と。自分なんかが…って奥底にあるんだなー)と思ったり今もするけど、ゆっくりを許してくれるなら話したいなぁと思うことが多くなった。考えると知ることって違うんだなぁと、ここにきて。
あと、想像するより、みんなずっとやさしい。



前回のブログを書いて、それと同時に生活にも変化が起きて、それをどう受け止めればいいのかわからない自分がいて…。となると、これからは「素直にならないことが罪」みたいな新しい悪を意識することになるんじゃないかと思った。優しくされることにまったく慣れていないことが、悪になるんじゃないかと。
愛し合いたいと書いてみて、愛し合うとはどういう状況なんだろう?と。

ひとつずつを掬って覗いて観察してまた元の場所に戻す作業を繰り返している。


「まさか、自分がこんなに疑問を持つようになるとは思わなかった…」
「やっぱり、自分には難しいよなぁ…」
未来を描く人と未来を作る人は違うなぁと考える私は、卑屈になることも蔑むこともなくていいと思うのに、とっても卑屈になってる自分がいるのがまだまだだなぁ。
私は完全に未来を作る人だ。描く人にとても憧れがあるけど、作る人がいないと未来は作れないし、描く人はもっと好きなように描いて欲しい。縦に切ると横に切るだと、役割が変わってきて、もしかしたらこの場所は横の方がいいのかもしれないなと、もうすこしいろいろできそうだなと、今日話していて思って。
でも、その違和感があることでいろいろしたいの反面、この場所には居られないんじゃないかがあって。自分がこだわってるのはなんなんだろうか…と、ループにハマったところに駅ビルの中におしゃれにつくられたお店を見て、
「あぁー、この店がここに入るんだ」
とちょっぴりの羨ましさを持ちながら、自分には何が出来るんだろう…を考える。
会社の規模は?お金の使い方は?企業とは?
私達の目的とは?
もっともっとやらなきゃ、もっともっとつくりたい。
仕事が生きるになっているじゃないか。私も十分そうだよ。

なんか、言い聞かせちゃう。


普通は自分で作るしかないよね。
私の普通。


映画をみるのと同じように、ケーキを作る動画を見れてしまう。美しいなぁ。美しい!
ゴム手袋に腕時計をしているのがグッとくる!って言っても誰にもわかってもらえないんだけど、好きになるポイントってそういうところだよね。
その人のことを知れてよかった。
私は行きたい場所が増えたし、逢いたい人が増えたので。
こうやって、まだまだ夢のような感覚を持ちながら生きているのは幸せなのか不幸なのかわからないけど、刺激をいろんなものから受け取れる人間である、という点においては良いことしかないんじゃないかな。ふふん、へへん。



なので、今日はケーキを作ろう。ひっさしぶりにスポンジを焼いてみる。