読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春は30デニールのタイツで

考える、の整理をしたいと思っています。

新しいホクロができて、また運命は変わるよ

2017年になりました。実家に来ました。そして、もう帰る道。どちらにも帰ると言えばいいのか、戻ると言えばいいのか、来たって言えばいいのか、、、。
あっという間に慣れるけど、居場所があるわけじゃなくて、でも、こっちで暮らせないわけでもない。
かといって、今暮らしている場所にもしっかり距離を感じてしまう。
不思議だなぁ、おもしろいなぁ。どこに行っても宙ぶらりんで、宙ぶらりんの私としてどう生きていくか、みたいなのをやっぱりずっと考えながら生きるんだなぁって。
私はきっと、どこにも属さないまま死んでいくんじゃないかなぁ。
どうせなら、もっとふわふわしたいなぁ。



一緒にいる人が先にぱたりと寝てしまうと、どれだけ眠くても目が冴えてしまう。
昔はこれが大嫌いで、この時間を優雅なひとり遊びの時間だなんて思えなかった。
なんでひとりなんだろう、嫌だな嫌だなーって。
今はそんなことないけど、ひとりにさせられたみたいな感覚が今もとても怖い。
ぐちゃぐちゃに求められたいとか、愛されたいとか、そばにいたいとか、そういうのもここからきてるんじゃないかなって。

ある時、お腹が痛いと言ってる時にお腹や背中をさすらないね。と指摘されて、
あぁ…そういえば、私は小さい時にそんなことをされた記憶がなかったなぁ。と気づく。
私は「しない」が普通で、彼は「する」のが普通。
相手が寂しいと思うことを知ることによって、私にも新しい寂しさがインプットされる。
やっぱり、自分の中には伝えるというワードがしっかりある。
それがないと、何も無いと同じという、私のこれも環境が作ったものなのかな。



万年筆が手のひらに刺さって、手の中に消えないマークができました。
運命が、また、変わるんじゃないかなって思います。

去年は過去と現在を照らし合わせたり、他人と自分の違いに気づいたり、育ってきた環境による影響がどんなものなのかを掘り下げる作業をずっとずっとしてた気がする。
すこし臆病になったかもしれない。これはやりたいことなんだ、と思い込んでやっていた部分があったかもなぁと、1年の後半の後半でちょっと気づいたりした。
私は私をずーっと探していたなぁ。


寂しさはあるんだけど、少しだけ外に出なくなることにわくわくしてる。きっと、とても寂しく感じることもあって、なんで自分だけって思ったりもして。それは自分で選んだことを信じられなくなる時で。
だからきっと、もう少し小さく生きようとするんじゃないかな。そうしようと思ってる。
まだまだ、全部を受け入れることはできない。優しい気持ちだけ持って笑顔でいることもできない。


でも、もっともっと自分のことを信じたい。
信じてくれる人を裏切りたくない。
悲しみをパワーにしたくない。
仕方ないって諦めたくない。

みんな、心休まる元に帰ればいいのだ。
電車の中、バスロマンと同じ匂いの人がいてとても落ち着かないけど、2017年はそんな感じでいきたいです。

また1年お付き合いを。