春は30デニールのタイツで

考える、の整理をしたいと思っています。

はしゃぎすぎた夏の子供

今も二日酔いが続いている弊身体。

 

文字通りはしゃぎすぎました。はしゃがせてくれてありがとう……

昨日は夫婦のいろいろを聞いたり見たり羨ましいって口にしたりした。

途中あんまり覚えてないけど、某夫妻に普通に泣きながら話を聞いてもらっていた気がする…(泣いてる時点で全然普通じゃないか…)でも、なんか、そういうのは話す相手がいないと思ってたから、酔った勢いとはいえ自然と話せて相手も普通に聞いてくれて愛のある言葉をもらって、なんだか友達みたいだなって思った(いや、友達なんだけど、もっと友達というか、音楽がなくても逢いたい人たちだし近況報告するために集まったりしたいなって思えたというか、そういう意味での友達みたいだなって)

 

おかげで今日は1日お布団とお友達でした。

AM3:00やっと活動開始。

あぁ、ひとつ年をとっていた。呆れられることたくさんだけど、遊んでくれる人たちがいるので生きてます。感謝。

 

フラッシュバックしているからフラッシュバックするものから離れるのはどう考えても悪いことじゃないとおもうんだけどね

フラッシュバックしてるんだなってちゃんと認識した。

これから少しずつ薄まればいいな。たまにしかないことだと反射で反応して返されて嫌なこととしてどんどん積み重なってしまうけど、ちょっとずつちょっとずつ。

 

それだけあの頃つらかったんだって認めてあげよう。

 

 

きっと、わたしもわたしの味方になってなかった。だから、よしよしもう大丈夫だよってしてあげよう。

ほぐして生きていくぞー

夕方の風の涼しささ。

娘が北海道に行って5日目。全然連絡なくてびっくり。

楽しくやってるならなによりなんだけど。

私はいまいち実感なくて、この感じで帰ってくる日になりそう、、、夫氏はめちゃくちゃ寂しがっている。彼の感情というものを久しぶりに認識した(言い過ぎなような気もするけどそんなこともないよなぁ)

 

 

お休みになったらなにをしよう

 

なんて考えていたら、夜のドライブが好きだったことを思い出した。

夜中に車に乗っているのが好きだった。朝方知らない街を走っているのも、知ってる街が知らない街みたいに感じるのも好きだった。

子供ができてからもなにかしら理由をつけて夜中出かけていたし(実際逃げ出さないと苦しすぎることも多かったけどさ!)

最近していないのでしたいなーって。思った。よ。

誰かのためは自分のためだったなぁ

 

 

理由が欲しい私には、記念日がたくさんあったほうがいい。

「食パンがきれいに焼けた」とか、「書きやすいペンを見つけた」とか、「火傷しなかった」とか、「冷蔵庫の製氷機に水を入れるタイミングがばっちりだった」とか。なんてことない、そういうのがたくさん。

プラス誰かの記念日も喜んでしまう根っからのお母ちゃんタイプなので、そしたら毎日うれしいし毎日認めてあげられる。

そうやって自分を支えているような気がした。

 

ーーーーーー

記念日に安い焼き鳥屋さんのカウンターでレモンサワーとポテトサラダ砂肝とハツを頼んだり、記念日にオシャレしてフランス料理を食べたりお店にこっそり電話してケーキを用意してもらったり、いきなり逢いにいったりお手紙を書いたり、、、誰かを思うことは自分を好きになることでもある。好きな人に会うとすぐにやにやしてしまうからなるべく好きな人に会っていたい。

 

 

今日はおまつりみたいなマフィンをつくることにした。小麦粉とお友達になりたい。

試作がものすごくおいしくできて、思わず「あれ、わたしてんさいなんじゃないの???」なんて思ったけど、多分お菓子作りをしてる人たちはこれくらいパパパって作っちゃうんじゃないかな。って考え直したら自分の素人目線の抜けなさを少し愛しく思いました(こういうところが↑の話にも繋がるような気がしてます)

 

おいしくて一個ペロリと食べてしまった!

浴衣を着てわいわいする!たのしみ!!!

 

 

 

今週は過去と出会っても良い週

とのことなので、昔の曲を整理してる。

19.20歳くらいに作ったうたはなかなかうたうのは勇気が要りますが成仏させるために一度身体にいれようと思う。

ありがたいことにうたってもいいよ〜と言ってくれる人もいたので、それはとても楽しみ!

 

 

お店の床掃除と換気扇掃除、二大めんどくさいあんど大変掃除を済ませたので気持ちがとても楽なのだ!お盆休みはお酒を飲むぞ〜!

無地であることを正解とする

ぱっと見シンプルでかっこよさそう、みたいなものだけは避け続けている。

避けるというか、そこに立ち入る勇気がない。そこにしっかりとした魅力ややり方を感じられていないのに、なんとなくシンプルならいいか、、、という気持ちで作ったものはなんとなくかっこいいものの枠から出られないように思うので。それならば好きなものを散りばめた方が自分らしいし、まぁ、楽だと思っているところがある。

 

なんとなく、ってよく言っちゃうけど、ほんとは全然なんとなくなんかじゃない。不安であれこれシュミレーションしまくっているし、何周か回って悩んでなんとか選んでいたりする。これ!って思ったものの力を強くするための理由を必死で考えたり、自信を持つために自分に言い聞かせたりしている(めんどくさい)

 

そういうところはどうにも許せなかったりする。

 

デザインするって道しるべみたいなものだと思っていて、そう思えば思うほど言葉でそれをするのは難しくなると思う。言葉でデザインするのではなく、言葉をデザインするのだと。

そして、全ては配置である。

それを信じて生きていく!

 

 

 

 

 

あぁ、8月!あと2キロ!

まだかわいいでいたい、まじで。努力でカバー出来るうちは努力するぞい。

楽しそうな大人でいるんだ。

 

 

 

 

 

夏の暑さのせいかな

目的の為に手段を選ばなすぎて驚いている。

なんだったんだ、ほんとうに。

 

 

誰かが誰かを思う気持ちを踏みにじってできた道なんて歩きたくない。偽善でもいい。歩きたくない

私たちの目的はそれじゃなかった

という結論。

 

そういうところは似てて良かった

 

 

 

 

ずっとずっとお寿司が食べたいお寿司が食べたい、良くなったらお寿司を食べるぞって思ってたのに良くなったら全然お寿司食べたいと思わないなんて!

 

食べたいものなに?って聞かれたら一択でお寿司だったのに…!