春は30デニールのタイツで

考える、の整理をしたいと思っています。

ありふれた言葉の説得力に歴史を感じる

あるミュージシャンがブログのコメント欄でやりとりしてるのを見て、とてつもなくきゅんとした。合ってる。あの人にはぴったりのコミュニケーション方法だってグッときた。

いいなと思ったものをシェアする時、自分のコメントも上乗せして投稿ボタンを押す。

私はそれをミクシィっぽいなといつも思っている。

 

個人個人の小さなこだわりや想いがもう少しだけ、もう少しずつ、見えるように、伝わるように。って思っているところがある。

 

 

そういえば、好きな文章を読んでいる時、スクロールが紙をめくる感覚になる時がある。

手のひらで滑らかに導かれるように読み進めてしまうあの感動とときめきを誰かに伝えたいなと味わう度に思う。そこまで本を愛するとか考えていないけれど、文明の開化を噛みしめる時代を生きているからなのかもな!とか、ね!

 

 

金曜日のスタジオの帰り道、真っ暗な空の雲の切れ間から見えた月がとても綺麗で、

「真っ暗な空の雲の切れ間から見えた月がとても綺麗だった」以外の言葉が見つからなかった。語彙力が無い自分の問題とはいえ、調べてみたけどあの瞬間それよりぴったりのものは見つからなかった。

それも含めたあの日の時間に想いを馳せる人と友達でいたいと思った。

雨の後の空気は埃が落ちて澄んでいるように感じてうれしいなぁ(ほんとうのところはどうかわからないけれど)

 

 

 

 

桜といえば、感覚は今もGWなので、10年以上住んでるのにこちらの桜事情がすっと入ってこないのが正直なところ。毎年、もうすこし暖かくなってからだったような…って思っては見頃を逃すを繰り返しているかも。

これは、紅葉も同様である。

なのに、春物のなにかが欲しいし、髪も切りたい。身体は飛び出そうとしてる。体内時計?体内カレンダー?体内感覚がめちゃくちゃである。春が一番脳と身体のズレが大きいような気がする。。。しかし、これらは全て脳が引き起こしていることで、脳は脳で、私のいう人間の中でパターンを作り反応としての司令を出しているので、「ズレている」感覚すらただの反応であり、細胞単位の思い込みだったりするのだ。(?)

まぁ、なにが言いたいかというと、そりゃ体調も崩すわ…!ということです。

 

 

何年か前の写真を見たらものすごく髪の毛長くて(おへそくらいまであった)、もう戻れないんだなとしみじみ。いやー、もうめんどくさいな。くるっくるのふわっふわにしたい気持ちもあるけれど、今が楽すぎる。怖いから美容室に行くたび数ミリずつしか短くできないけど毎回もう少し切ればよかったなって思って、確実に数ミリずつ短くなっていってる。。。

こうやって年をとっていくのか…という思いもある。

「人生は毎日の積み重ねである」を実感する分、できないことは捨てていってる。余計な手間をなるべく省いて、心を込めたいと思うものに存分に心を込めていきたい気持ちが強くなってきて、今の私は、自分で持てるものがきっとすこし人より少ないんだなぁ、と、漠然と、でも確実な感覚としてそこに「ある」。

 

 

 

新年度からはじまる一番苦手な意味のない集団への参加が始まり、やっと小学生の親の感じが出てきたなと。もうメールでいいじゃん……しゅん。

 

春と冬がいま一緒にきちゃってるからわたしはとっても忙しいのよ

もう、絶対に冬眠が必要な人間だと思う。寒さに弱すぎる。寒くて泣いちゃう。

身体の機能的にもっと機密性のいい家に住むべきタイプ。最近の寒さはしみる。また冬のアウターひっぱりだしたりしてる。

 

のに、ハウスは暑すぎて、体温調節下手くそおばさんは見事に体温調節できてないのであります。

 

 

音楽の話

名古屋のライブ。久しぶりのお友達。あー、わたしって久しぶりに会った時にハグできる友達がいるんだったー。と、なんか、なんかね。

お店も素敵でお酒も美味しかった。

気軽に行けるバーがあるのいいなー。ラーメン屋も居酒屋も映画も回転寿司も一人で行けるけど、バーは一人で行ったことないので今年の目標にしようと決めた。

 

CHARAみたいにうたいたくて一曲挑戦している曲があるけど、作ったともいえない即興ループだから毎回ちょっとの不安を抱きしめてて、でも追い詰められると興奮するタイプなのか、おいお前やれんの?発揮できんの?って自分で自分を試しながらしてる。根拠のない自信と想像する不安を両手にもって演奏などする。前よりもよかったかな。テンポがちょっと遅かったので乗りにくさもあったけど、まぁまぁ。

タンタンタンタンじゃなくて、ンッタ、タッタッタタってやつね。

 

 

 

 

ごはんの話

昨日は完全に餃子焼くの失敗したんだけど、娘が新しい料理だねって言ってくれて、あぁ、この子と食べたらなんでもおいしくなるんだなぁと、救われた。

いろいろと反省することたくさんあるけど、ごはんはおいしいおいしいって食べたいね。せっかくならおいしく食べる人だなーと思われたいし。おいしいねって言い合いたいしおいしい時は食べすぎちゃうなぁ。

 

こういうの好きだなーを持ち歩いて持ち寄ってみんなでご飯食べたい。

それだけしたい

 

 

 

飲みたい飲み物の話

スタバ全然行かないのだけれど、今出てるティラミスフラペチーノは飲みたいので行かなくちゃ。ティラミス大好きなんだよ、コーヒー飲めないのにモカは大好きで。モカシェイクあったら絶対頼むし、モカクリームのケーキも絶対買う。

 

 

 

考えるの整理の話

捨てる

選択する

合う合わない

好き嫌い

こだわり

これしかできない

 

同じようで同じじゃない。

同じじゃないけど同じかもしれない。

 

 

決めていいということ

 

 

大事にしたいなぁ。飾った写真の誇りは拭きたいな。

 

日記のようなものじゃなくて日記書く

深夜から起きてて、世には出ない いつもよりも3割り増しにぐしゃぐしゃの文章が下書きに三つ入ってる。これ、4つ目ね。

書いて仕舞っては書いて仕舞って、ノートにメモったり、わーくしゃくしゃってしたり、必死に抜け出そうとしてるけど、まぁ、朝からすごい落ち込みようです。

季節の変わり目はほんと弱いみたい。おやすみの人もたくさんだし、そう考えれば私も不思議はないのかもなーと落ち着こうとしてるけどどーんと落ち込んでてこれが日常だ。

 

 

 

夜中からちまちまとお弁当の準備を始めてお渡ししたら、一日終わったような気分になった。

午後から物件を見に行った

すごくキレイな建物で、オーナーさんが大事に大事に丁寧に使ってきたんだなぁっていうのが伝わるお店だった。

 

 

 

うちに戻って、娘も帰ってきたのでちょっと休ませてもらった。寝た。起きたら彼女も寝てた。

 

起きて少しギターを弾いてうたった。なにやろっかなーって。寒くて冬みたいでいつなのかどこなのかわかんなくなるね。

 

ノダさんに、わかりやすい曲をかけっていつだったか言われて、ずっと残っててそれでシンプルにギター一本で歌うやつ作ろうって思って作った曲。歌詞はまだない。

 

コーヒーを飲んだ後に

 

やるかわかんないけど。

 

 

 

 

不安を抱きしめたまま演奏しよう、いまのわたしで踊るワルツ。

夜はこれからだ

 

 

あなたの今日も優しい時間に包まれていますように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄着になって抱きしめる春

 

 

 

 

 

もうきっと、ずっと忘れないんだろうな。あの日何をしていたか、通常の生活に戻れなくなった数週間と気付いたら忘れる日が増えていった今日までの日々。

 

 

 

 

 

この調子の悪さは気圧のせいかもしれない。劣等感を身に纏ってしまっている自分が情けないと同時に、剥がしたいのに剥がす前に味わいたいような。味わうことで自分のやり方が見えてくるかもなぁと思ったり、そもそもそんなものない方がいいのか、、とかさ。

悲しいけど楽しんでいる、多分

 

 

 

 

「知ろうとしない人の解決策は暴力だ」

って言い切りたいけど、それがその人の優しさだったりするのを知っている。そんなつもりはないし、傷つけようとして言ってない。

それを理解してしまった自分は、それを責めることができない。でも、今は許せない。

自分の正義と戦っている。

だから、素直に受け止められるまで距離を使うしかなくて、それくらい許してよ!とどこかで思っている。怒りより悲しみが大きくて近ければ近いほどそれが大きくなる(怒り=悲しみである。説が有名ですが、ここでは悲しいは悲しみのまま使っています

 

 

 

 

勝手に傷ついてしんどくなって馬鹿だなぁと少し冷静になっては思い、

ちょっと前までは、馬鹿だなぁーーあーやれることやるかー。がんばろー。で立って動けていた。

それが今回はそうもいかなくて、そろそろもっと深掘りして選択する時がきているのかも?とか思ったり。

今の状況の不安定さに左右されてるだけかもしれない。お金の問題だったり私の趣味嗜好の偏りだったり、さまざまな要因が絡んでそうなっていて、それ自体はそんな深刻じゃなくて、でも迷ってる最中はめちゃくちゃ迷ってるから、他人に自分のことを話すとものすごい悩んでるように聞こえたり、早い段階で解決策を渡されたりして、

あっ、これってダメなことなんだなーって刻まれていく。

話し方が気軽じゃないのが問題で、私はまだ人に話すレベルにないのかもしれない。

 

 

それでも、そんな私を、今ぐちゃぐちゃしてるねー、馬鹿だねーって笑ってくれる人もいて、その人の「考えすぎだよ」はすっと入ってくるという。内容じゃなくて状態を受け止めてくれることの安心感なんだろうか。

馬鹿だなーって一番言われたくない言葉だって人もいると思うから、受け取り方や誰が言うのかって人それぞれすぎておもしろい。

 

 

人それぞれだから、精一杯考えて、精一杯相手を思って選ぶってことか大事にしているポイントなのかな。言葉ってなんだろ。私は何にこだわっているんだろ。

 

 

どうにも、わーっとなってしまい誰かに聞いてほしいけど話す相手がいないのでこうやってブログに書いている。12年、ずっとこうしていたのかもしれない。

ずっと誰かと話したくてずっと誰にも話せていないっておもっているのかな…?

(ブログを始めて12年らしいので記録として数字も載せていこう、忘れっぽいけど年輪は刻みたい派)

 

 

 

 

 

さっき、玄関のドアを勝手に開ける人がいて、挨拶もなし、名乗るでもなく、これがどうしても許せなくて(工務店?の営業の方だったけど)

持ち家なんて必要ないと思ってます!と言ってしまった。

びっくりされたけど、後の返しも嫌だったので、本当にそうだし絶対あなたのところで建てたくないからな!の意も込めてこちらも強めで対応した。

三河弁ごとまた嫌いになりそうだった。

というか、だいぶ苦手ゾーンにある。なのにその場所に住んでいて、もう、そもそも論になっちゃわない?負けにいってるよなって感じ。

方言が嫌で失踪するってやばいけど、そんなニュースがあっても理解できる

 

 

 

ここまで書いてどうやって締めようかなってタイミングで今週のしいたけ占いのお知らせが来たので読んでみたら、ぷぷっと吹き出す内容だったので、ココア飲んで作業しよかなと思えたので作業します。おしまい

勢いまかせはよくない

他人同士を比べるのはよくなかった、それぞれひとつのライフそれぞれが選んだスタイルだった。

 

 

 

来週もなんか忙しくてこのままあっという間に夏になりそう。自信ない部分が前面に出ててだめだなぁ。昔に戻りたくないって思ってる時点でまだ引きずっているのかも

まだ落ち込んでるな。

ぼーっとすると泣けてくるのはなんでだろか。

自分を惨めの箱に入れてしまったのかも。情けない

 

 

 

見た目で音楽やってるわけじゃないけど見た目でかなり判断しているのが正直なところ

2月3月と源流を感じるバンドのライブを見て、自分の好きな状態を確認したぞ、多分してるぞ。

巷でかっこいいと言われているものがピンとこなくて、何がちがうのかなーってよく考えてて。年齢だけの問題じゃないような気がして。

かっこいいとはどういう状態なんだろうか。

わたしはすきなひとのどんなところを抽出してすきと言っているんだろうか。

 

 

 

 

今日はzArAmeを見てきた。

はー、もう、次元が違った。自然体のうねり。

動きの美しさ。それぞれ愛するポイントがあるのね。あのやわらかさよ。しなやかさよ。

円で戻るのが見えるような空間を、間合いを、テンポとテンポの隙間まで。ハードコアですって言ってるバンドよりハードコアだし、信念ありますって言ってる人たちが軽く見えてしまうくらい強くて優しいから、やっぱりジャンルはあてにならない(ジャンルでわかりやすく説明するという意味では必要で大事なものだけど)(とはいってもポップさも兼ね備えていてそこが好きなんだよな)(この、いろいろまざっている感じよ)

 

全員の音がすごくきれいで良い音で震えた。

 

バンドやりたくなった。このかっこよさをかっこいいと思ってるんだー。はぁー、頑張りたい。まだ曲つくれそう。

名古屋にきてくれてありがとう、北海道のなまりを聞けるだけで幸せ。

 

 

 

 

そして、見た目のバランスをものすごい大事な要素の一つにしてる。見るときもやるときも。下品さが出ないように、思想をチラりと見せられるように(好きなものをちゃんとこだわって着る、使う、という意味の思想や上品さ)、良い年の取り方をしたい。

それは年相応という意味ではない。イサイさんもいってたけど、チャレンジ。

 

 

ポロシャツのボタンを上までしめているのがやっぱり好きだなって思うし、Tシャツが似合わない人はやっぱりTシャツを着ない方がいいなと思ったのでトートバックを買いました。

買って応援スタイル。新作Tかわいかったので似合う人が羨ましいけど。

 

 

帰ってきてへとへとの中、カメラが止めるなを副音声付きで見て、今終わったところ。

エンドロールが素晴らしい。

 

 

生きたいと願えば願うほど感情が忙しい。

こうやって覚えてすすんでいくのかもしれない

 

買ったパンやお菓子をテーブルの上に並べてうっとりしている。

パンもお菓子も誰かの作品で生き様だと思う。

ちょっと潰れちゃってごめんねだけど。

 

 

ホームに降りて一歩歩くたびに泣けてきて、泣きながらうちに戻ったのは情けなさからか。

最低だなと思いながら話さないと苦しくて、身内にこういう人がいることこそが損害だと思っているし、自分がその損害になっていることに気づいている。だから泣けてくるのはそこにだ。あー気持ち悪い情けないかっこわるい。

わかってほしいと願うことは無駄だ。

変わる体力もぐっと堪える心臓もないならはやく辞めた方がいいな。

でも、なんか悔しくなるのは、それもやっぱりただの力量不足で覚悟がないからなのかなー。

ほんとは仲間に入りたいのかなー

もっとスムーズに意思決定をしたいと思っている。見ているものが違っても一緒にやる方法はいくらでもあるはずなのに、なんだか排除されてるように思うのはわたしの脳のバグでしょうか

 

みんな生きている、

だから生きたいように生きてほしいし生きたいように生きていくしかない。

 

 

 

 

共感能力が高いというのは人の気持ちがわかるという意味ではないような気がした。

どう使えるかの問題だから、あろうがなかろうが関係ないのでは?あることで判断しすぎてしまうこともあるし、彼のようにないからこそ冷静に物事をみることができる(それを共感能力がある、と言ってもいいと思っている)

 

 

好きなものもも嫌いなものも変わり続けて伝えたり聞いたりしないとどんどんわからなくなる。

過去には生きたくない。できるだけアップデートしながら暮らしたい。必要なもの、必要なかったもの、手放してわかることもあって、手放してもまた手に入れればいい。両手で抱えるのはそれからでも遅くない。

 

そばにいる人も仕事も趣味も全部そうやって循環していけばいい。ずっとなんてありえない。ずっとのための努力をしないずっとなんて気持ち悪い。

とここまで書いて、だから、家族とか夫婦とかが嫌いなのかもと、ふと。

あーーー、もっとはつらつと明るく物事を捉えられる人間になりたかったな、とは思う。

 

 

 

私の思う持続可能な生き方とは