春は30デニールのタイツで

考える、の整理をしたいと思っています。

食べるに走るといいことないのはもう何度も実証済みなのに!

幸せなのはそうなんだけど一瞬の幸福感と脂肪で虚しくなるので好きなものを食べることはとってもいいことなんだけど苦しさから逃げるための食べるは全く駄目です。

こればっかりはほんとに。結果はひとつだけ!

醜くなるだけ!

 

 

地域に馴染みすぎてるスーパー(チェーン展開していない個人から始まってる的なところ)だと口の悪さが気になる。お客さんも店員さんも。

あれが本当に苦手で、こっちに来たばかりの頃はそれプラス方言のきつさに辟易していた。

今もまだ怖い時があって、向こうにそのつもりがなくてもそんな言い方しなくても…って思ってしまう。使う言葉が違うってかなり大きなウエイトを占めてる気がする(相手を気にする気がない場合の話です)

それなら機械の方がいい。

 

機械でいいのは保育もそうおもってる。堀江さんがキツイ言い方で反感買っていたけど、全面同意。

んー、キツイ言い方でもないか。シンプル過ぎる物言いだったからかな。それでも、いつもなら(いつもといってもそんなにわからないですが)さらっと補足して流れるのに、今回はかなり丁寧に説明してた。すごく優しいなーと個人的には。

 

もったいないなと感じることが多いです。実際なんでそんな手作りなの?って思うし、そのエプロンで動物園来るの??ってちょっとびっくりしたり。恒例、伝統なら全部の幼稚園や保育園で使い回せばいいじゃん。修理するお金は割り勘にしたらいいじゃん。なんなら、ポルカとかキャンプファイヤーで募ればいいじゃん。

必要だから変わらなくていいって傲慢でしかない。自分の足で立つ準備をいつだって同時進行でしていないと足場を外された時終わるしかなくなる。

預けて殺されるくらいなら機械の方がいいし預けて殺すくらいなら、さ。

それに、これしか払いたくないのに十分なサービスしろって方がおかしい。国が!って言うのと同時に、自分たちで抜け出す策を練らないと。預ける方も預かる方も。

 

 

働かないと食べていけないし動かないと進まない。単純にただそれだけのような気がしてる。

 

 

 

 

可憐に浮世離れしたかったな

 

まだまだコンプレックスの塊でした。

思い出した時にふふって口元が緩む人やものをできるだけたくさん覚えておきたい。

どれだけ傷ついてもそうなったら勝ちでしょ。愛しいって傷つけないってことじゃなくないか。傷も愛しい人だっているでしょ。その人の愛情表現だって思えるならなんだっていいな。かわいいってそういうことかなぁ。

 

 

どういう人が好きなの?って聞かれた時にうまく答えられないのだけど、自分で自分を決めた人って言えばいいのかなー。真っ黒な闇の中に入ってしまえば楽になるのにそれでも太陽でいる!って決めていたり、それは闇に入る!って決めてる人もおんなじ。

内容というより、腹をくくって生きる様。完璧なんてないから完璧に憧れる。近づきたいと思う。んー、でも、そんなこといったら全員か。

自分を知ろうとする人?んー……

疑うことは苦しいんだ、それでも自分をうたがうひと。自分を信じたいから自分を疑う人が好きだ。だめだった〜って時が一番かわいいと思うのはそれまでどんな風に考えていたか、動いていたかを知っているからで、うまくいったら死ぬほど嬉しくなるし だめな時もくしゃくしゃにかわいい。いいなぁって思うときってそういう時が多い。

あと、ごめんって言える人だ。

 

私が思う美しいものって、過程なのかな?

 

 

 

気づけばろくに学生生活を送ってきていないので、体育館も先生もマイクもそういうの全てフラッシュバックのように脳内でパチパチパチってなったのだった。

情けないけどこれが私で、情けないけどここから挽回したいと思っているし、情けないけどチャレンジし続けるしかないのだなーと。

頑張るとはまた違う、ひとつずつ消化するための、私の血と肉にするためのいろいろ。

 

いつか、自信を持って、私はこうです。えっへん!と言えるようになりたい。

 

 

こんなブログとかめんどくさがりなところとかなのに考え込んでしまうところもそれで当たってしまったり落ち込んだりもうだめだってなってるのを許せるのって距離があるからなの?

確かめる術がないのが悔しい。

いちいち傷ついてたら身体も心もいくつあってもたりないのだけど

わかっているのだけど傷ついてしまうんですが。本当にいくつあってもたりないを実感してるし、実際ひとつしかないから実はめちゃくちゃ強靭な身体とメンタルなんじゃないかな??

 

 

 結局わたしがおかしいことばっかりなんだろか。ちょっと調子戻してから考えたい。

ゆっくりお風呂に入って眠りたい。

 無理って、私だって言ってるのに!むきーっと全然関係ない人に当たってしまい反省中。諦めた時になんか生まれるのかなー。よくわかんなくなった。

 

とりあえず良い栄養ドリンクを飲んだ。

 かわいい服を眺めている。ローカットのスニーカー欲しい。佐々木希かわいいー。も少し切ってパーマかけたいなー。お弁当何作ろうかなーモンブラン作るの楽しみじゃー!と前向きさをアピール。

 

いつだってかっこよくなりたいけどな。

 

 

冷たいおでんと冷たいごはんのコンビプレイ100点

 

淋しさは感謝じゃ埋まらないような気がしてる。この夜の時間を一緒に過ごせたらどんなに楽しいだろうかと思うけど、まぁ思ったところで仕方がないのでねこあつめするし、チラシをつくる。

話し出すのが遅いので時間が欲しいと思っている。その時間を一緒に作ったり相手にも欲しいと思ってもらいたいという気持ちがある。

例えばなんだけど、話すきっかけが触ることやスキンシップだった場合これが一方的にならない方法は?コミュニケーションをとるためのスキンシップをするためのコミュニケーションを必要とするのか、否か。

 

 結局は一緒にいたいかどうかって、重いなぁ。

そうでしかないとわかっているのだけど。

 

見つかっている人と見つかっていない人、みたいに分けてしまう時がある。自分を。

飛び込む先が今はないだけなのに、もうどこにもいけない みたいな。

 

 

 

 

土曜日は変なテンションで遊んだ。あれをエモいというのではないか?という湧き上がる気持ちを抑えきれないまま過ごすしかなかった。

そのおかげでいろんなことが起きたので、結果良かった。心配いらないね。

人に会ったり外に出ると、判断材料が増えて自分の頭の中でこねくりまわすよりもっと早いスピードでわかったりする。しんどい時でもちょっとがんばろうって思えるのはだいたいが良かった! で終わるから。それを知ってるから。

私は幸せ者なんだよーって、もっともっと大事にしたいなぁとね。

 

 

 

 

そういえば、先週演奏したときに北海道っぽい音だったと言われたのだけど、そんなことを言われたのは初めてだったし意識したことがなかったからめちゃくちゃうれしかったのも土曜のニュースをより一層濃くしてくれた要因。

だいたい私のギターは良くなかった、下手くそ、弦切りすぎの三パターンなんだけど、褒められることがあるのか!と。メンバーに感謝した。彼らがいるから、そう聴こえる。だって、きっとそんな音は出てないんだよ。なんだけど、前情報や周りの出す音やそこから私のなんかしらのかけらを拾ってくれたのかなって思うと、やってて良かったなーと思った。

 

懐かしさで勝負したいなんて一ミリも思ってないけど、懐かしさで誰かの心が動いたならそれでいいな。これを今だねって思ってくれる人がいると信じて私は私を生きるしかないんだ。判断するのは私以外の人だから。離れるのもくっつくのもね、決めるのは相手なんだった。

だから、精一杯生きるんだけど。

こういうご褒美みたいな出来事があるから続けているのかなぁ?

 

 

テレキャスター、二人に良いんじゃない?って言われて割とほんとに喜んでいたのは内緒の話です。よくわかってないけど、効果的な状態が好きでそういう状態にしたいっていつも思っている。仕事も、存在も。

たぶん、ここが獅子座っぽいところ(しいたけ占い調べ)

 

 

 

 

正直に生きるととても幼稚になってしまう。

好きな人にだけ好きって言いたいし、触りたい人にだけ触りたい。逆も然り。

どんな場面だって、好きな服を着ちゃだめなんてよくわかんないや。ドロドロも好きだし痛いことも好きだ。だいぶすっきりしたけどまだ残ってるなー。

 こうやって思い出をちゃんと思い出にしてここまできたのかもしれないなとぼーっとする頭で考えているよ。目がね、パシパシするの。

これって生きてないんじゃないの?とか思うくらいぼんやりしている。

 

なので今週は毎日お鍋にします。

 

 

 

 

 

 

 

なにをどうしたってアドバルーンにはなれない

ちなみにこれはライブ翌日のテンションで思っている(いた)いろいろである

 

 

(ちょっと前の)一週間。

東京行って小田原行きの終電に乗って深夜のホームでぼーっとしたり自分の情けなさを棚に上げて憤ったりスタジオ4時間入って翌日別のスタジオ2時間入って大雨の中眠れなくなったり、みんなの夜ご飯を作ったりライブをしたり2日に一回はエナジードリンクを飲む一週間だった。

盛りだくさんすぎて詰め込みすぎで毎日倒れるように寝ていた。なんだけど、楽しいと思える時間ばっかり。再確認することばっかりだった。

あー、やっぱこの人達が好きなんだ。そうかそうか、コーラスの練習に時間を取りたかったんだな、私。好きなようにごはんをつくることは心が満たされるなー。サプライズの仕込みもわくわくするなー。話したいことをあんまり気にせずたくさん話してもらえる方が私は喜んでるな、とか。

 

再確認すると自分の中で太くなる。それは時に危険なことだけど、なんとなくこの一週間は信じていいような気がしてる。

 

 そんでお仕事はありがたいことにハードな日々。なにが良いんだろうなぁって毎日。

 

あと、お守りがわりにしていた命の母を飲んでいる。ざわざわとするんだもん。きたきたーってなるんだもん。今回は大丈夫だと思っていたのに。私はできないやつだ。全くもってできないやつだけど、それでも生きていたいので策を練るんだよ。

 

 

 ーーーーーーーここまで。

 

 

仕方ないとか自分を許すとか、そのままでいいとかありのままの自分とか。

それって何にもしなくていいってことじゃないと思うんです。その瞬間、どうしても、自分がだめなんじゃないか…?って思ってしまう時、それは「だめだって思うことをしてはいけない」と思っているから自分はだめなんじゃないか…?って不安になると思うのですよ。

思うのですっていうか、私はそうなんですけど。

で、それはしなくていいよってことだと思う。

なりたい自分をはっきり説明できなくても、今の状態が違うと思うと焦りや変わらなきゃ!みたいなのがどんどん出てきて…

そもそも、だめだと思ってるあなた(私)の今は全然だめじゃないしーーーーー

 

って、この話長くなるわ!しかもまだ整理できてないわ!書いててもぐちゃぐちゃするわ!

 

ってことで、次回に持ち越し。

この話、ずーっと考えていることだから大事にしたい。の気持ちと単にもっとすっきり説明したい気持ち。

 

 

 

そういえば先週日曜日のライブでアドバルーンを久しぶりに見ました。

男子が六人集まって音楽をやることって美しいと思った。

 

女子(だけ)ならスリーピース

男子(だけ)なら五人か六人

が理想とする形なので、その形態に当てはまってるだけでグッときてしまう。

あと、友達とバンドをしている人はこんな顔をするんだなぁという顔を見ました。

そして、「誰か」を歌う人。

 

どう頑張ったってなれない存在。羨ましいとも違う、私が美しいと思う美しい人たち。

ありがとう、さようなら。あの日を終わらせられた。最後までいてよかった。

 

 

これ自体なんのまとまりもないですが、出させて。次に進めなくなっている日記のようなもの。

 

エアコンとストーブの隙間がない女と呼んでよ

さっっっっっむいですね。急にきましたよね。

ちょうどいい温度がない。のど痛い。ねむい。かっぱえびせんおいしい。足がつる。あーなんかひらがなが多い。

 

 

 

吹き出物が出やすいこの時期と一番太る時間にお菓子食べてるから足し算じゃなくて掛け算。掛け算でやばいことしてる。結局は不安定になって、それを内に置いとくために食べてる。そう言う時は食べてても全然楽しくない(でも、おいしい)そして、ポリポリとっても良い音。

 あぁ、やっぱり楽しい。おいしいは楽しい。

 

 

これは何度も言ってるんだけど、寒くなると思うことがあります。

「冬は円グラフで夏は棒グラフ説を私は唱えたい!!!」

 

 

 

 ーーーーーーーー

お店やったりイベントやったり、なめんなよって気持ちとなめんなよって思われてるんだろなって気持ちと全部許す気持ちと全部大丈夫なんだよって気持ちと身体の中はいつだってくるくる回ってる。

でも、だいたいは全部大丈夫なんだよ、で。

 だから、大丈夫だよって言いたいし言われたい。

 なめんなよって自分に言い続けてる。

挫けるほどまだなんにもやってない。

挫けられるほどなんもしてない。最近よく思う。自分に挫けるのはまだはやいのかも。私は今生きているのだ。

 

逃げないってことじゃないよ

諦めないってことじゃないよ

 

誰かにとっては逃げないってことかも

誰かにとっては諦めないってことかも

 

 

ここぞ!って時に逃げないように他はどんどん逃げたい。ここぞって時を逃すことの重大さをいつだって感じていたい。アンテナを。しっかりと。

無理をしないのある先に

超強力な油汚れ用の洗剤(量も多いが1000円した)

ゴム手袋(使い捨て)

ゴム手袋(薄手のL)

なんとかソーダ

重曹

コルクボード

円形の棒

コンロ周りのフィルムや紙

 

 

などを購入し、放置に放置していた換気扇及びコンロ周りのお掃除に取り掛かった。

 

洗剤に1000円使うなんて35年生きていて多分一度もないんだけど、1000円の洗剤を購入するくらいには一発でしとめたかった。戦いに挑む勇者のような、大企業を変えようともがく平社員のような。まだ見ぬ、しかしその未来への一歩はすぐそこにある。そんな状況を必ずや掴み取ってみせるぞの強い意志を持って手袋をはめたのだ…こっちには、お前と十分に戦えるだけの武器を揃えたぞ!待っていろよ!恐怖と希望を抱いた私は少し興奮していた……(ごめんなさい、うるさいですね。多分1000円の洗剤に興奮してるだけですね)

 

 

 

話は戻りますが我が家は古いのですよ。まじで。借家の一軒家で築は優に60年を超えているし、友達に(外壁)トタン?と聞かれたこともあり。

そんな感じなので壁も割と適当に隠すために白く塗りましたよーって雰囲気を醸し出していて、ちょっと擦ると削りとれちゃうタイプ。換気扇も昔のプロペラのやつ。100均で換気扇カバーを見に行ったらどれもこれも平らな今時のしかなくてすんごい探したもん。そしたらね、ありました。フチしか見えない状態で薄い隙間に寝かせて置いてありました。エメラルドグリーンに白を足したような色とピンクのカバーが。100均で選択肢がひとつしかないことなんてあまりないんじゃないかなーとか思ったりしましたがエメラルドグリーンを選択(あ、二択だ……!)。

 

で、いざ!いざ!いざ!

 

めちゃめちゃ気合い入れてスプレー………あ、あれ?あれ?あれあれ?プラスチック…?白かったのね?って、めっちゃ汚れ落ちるんですけど!

1000円だったからなのかもともと落ちやすい素材なのか判断できないくらいよく落ちた!

ひゃーピカピカ!プラスチック!おもちゃみたい!きれいよー!きれいだよー!って独り言言いながらご機嫌で掃除。壁もこれ塗り直せば問題ないんじゃない?ってことで強めに擦って無理やりお掃除。

 

白さよ!本来の白さよ!壁が汚れないように側面は布で覆っていたのですが、こちらも交換(ギトギト) 。ワイヤーで吊るしてた諸々も交換。

 

 

 

これは私のとってのジャンプアップや…!と独り言を言って、その後の夜ご飯がめちゃくちゃおいしくていっぱい食べた…(それ以降毎日いっぱい食べてるけど)

 

今年は秋も好きだなー。命の母をお守りにしてるから私は私に負けないぞ!って気持ちあり。

しかし、これから一週間が不安定ゾーンなので意識大にして暮らしまふ。

こういうのが好きだったりする。少し追い込むとか、もう一歩頑張るとか。

今回はちょっと無理して動いたら大きな達成感を受け取ったお話でした。ただ、独り言多いねー