春は30デニールのタイツで

考える、の整理をしたいと思っています。

窓を開けてごろーんとしてるの気持ちいい季節はちょっとしかないから見逃さないでね

好きな人が楽しそうだとうれしくて、それだけでいいなってなるのに次の日にはあれも欲しいこれも欲しいってなってしまうことが多々ある。

 

でも、好きな人(たち)が楽しそうだとめちゃくちゃうれしくてそれだけでいいなってなるんですよね。それだけで生きて行きたいです。

 

 

終電で帰ると駅から家までは歩きになるのですが、だいたい知らない人に声をかけられます。危ない目にはあったことはないけどこんなに大きくて若くなくてもそういうことがあるので世の女の子たちはどんだけ用心しなくてはいけないんだ!って毎回歩いている時に考えています。本当になにもなく安心して暮らせますように、女の子たちよ!

 

 

 

寝不足疲労お酒で今も調子が悪いです。楽しすぎてはしゃぎすぎちゃったなー

 

いつもに増して頭が働いていない人の日記のようなものでした。

アラポテトがとうとう店頭に並んだぞー!秋がはじまるぞー!というお知らせ

ポテトチップスの季節がやってまいりました。
先日、スーパーレジ前の一番良いところにアラポテトが並んでいるのを発見したことをお知らせ致します。

茶色!ネイビー!の服!首の詰まったお洋服!!秋!秋にした!テンションあがる!爪もチョコレート!カーキ!秋仕様!
セールでこれから使えるジャケットも買ったし良き休日だった。


 

離れることを決めた人たち、あたらしい命と共に生きる人たち。聞いた瞬間やっぱりざわざわする。私ができてないことをやってる人たち。
子どもが欲しいと思ってみたかった、みたいなよくわかんない感覚になる。ざわざわする。
一瞬だけね。一瞬だけ。


遠くのものに想いを寄せたり過去を大事にしていたり、それをパワーにできてるしそれで幸せじゃん、幸せなんだからいいじゃん、って思っていたけど、それによる歪みは絶対に生まれているのかもなぁ。そうじゃない人には理解できない。大事にしながら未来を見ていたつもりだったけど、そうじゃない人にとっては過去は過去だったりして。
否定された気分になることがなんか多いなぁって思ってたのは理解できないから故の発言だったりするのかも。それを否定と捉えてしまっているのはこちらなのだ。

なんて、こんな風な置き換えや視点を変えて誰も悪くなくするやり方すらもうやりたくないのが正直なところだったりする。
私は自分がとってもポジティブだと思っているのだけど、一般的な話の中に入るととてもネガティヴで、でもそのポジとかネガとか判断したりされたりすることが嫌だ。
みんな光を持って生きようとしてるんじゃないのかなって、それでいいじゃん…って。で、これこそが判断することを否定してて、あー、私もおんなじじゃん。判断してるじゃんって自己嫌悪になったりする。
私自身を認めてもらえてない反動だったりするのかも。見ている場所が違うことや、関係性が一ミリでも縦ラインに向いたとき動き方ががらっとかわること。
そういうのを遠くの誰かや何かでまかなっていた。ただ、それだけのこと。それのズレ。解決の焦点。存在のこだわり。描いている未来をただ伝えあったって、相手が一緒にいる未来が描けてないものなんて伝わらないよなー。なんて妙に納得したりした。自分以外の人生での自分はおまけでしかないから、そこに力を入れる必要もない。みんな、そう。あなたもわたしもおたがいさま


涼しくなって毛布をかけて眠れることもうれしいこと。眠る準備を意識したら辛さはちょっと減ったかも!


あー、それでも私はえこひいき万歳の精神で生きている。だからこそ、全員と友達になったら全員えこひいきできるのに!みたいな変なことも考える。潔癖なところあるんだと思う。人付き合いに対して変なこだわりがある。そんなのくそくらえでしょって、知らない人には言われたくないもん。でも、好きな人に言われたらそうだよなぁってなるんだよね。だから、好きな人のことがもっと好きになる仕組み。
世間ではこれを宗教と呼ぶのかもしれません。




目が痛くて眠れない。胃も痛い。薬は飲んだけど効いてない。

ってどこかに吐き出したいけどツイッターにもどこにも書かずにブログに書いてしまうあたり情けないなって思う。


嫌な気分にしていたらごめんなさいね。でも、勝手にします。の繰り返しさ。

いやはや、眠れない。寝たい。


そういえば、チョコレート色のマニキュアを買ったんだった。塗るの楽しみだな。よし、少し良いぞ。

カレーはおいしい。お酒は残る。

(以下 月曜夜のお話)
土曜のアルコールがまだ体の中に潜んでいる感じ。はたまた風邪か。

クーラーも扇風機もいらなくなってしまった。くぅぅっとむきだしの雲が少し薄まって秋になってきた。今日は残り物のカレーにナスを足してまたカレー。でも、夜はまだじとっとするな。あー、やっとお酒が抜けてきたかも。
発酵バタープリッツもぽりぽり。好きなもの好きなだけ食べちゃう。好きなもの好きなだけ食べちゃおう。


週末は職場のみなさんとごはん会。内二人はお酒を飲んで、その二人のうちのひとりは私だ。
子どもたちも揃ってワイワイ過ごしていたけれどお酒が進んだ私は最終的にボロボロ泣いてたし、もう一人のアルコール摂取したスタッフさんは私の夫氏(会社の取締役)に指指し説教してて笑った。
いつもオブラートに包んで話していたつもりだったけどそれは悲痛なものだったみたいで、なんというかお母さんみたいに私のことを守ろうとしてくれてた。もちろん、私のだらしなさもめちゃくちゃチクリチクリされたけど。 
どうしても頼ってしまう。でも、そろそろひとり立ちしなさいよってやんわりと。
別の長い付き合いのパートさんも優しかった。優しかったというか、欲しかった言葉をもらえた。
みんなそれぞれの生活があって、ただ集まっているだけ。目的が違ったら離れるし、またどこかで会えるかもしれない。ただ、こんなお付き合いになったのもなんかの縁だよねって。
私の優しさ、ここではこれしか使えないけどこの分は全部使うよって。
これがいい。ほんとにこれがいい。
 
(ここまで月曜夜)




(火曜19:42)
優しさって難しいな。私が息苦しくなってる原因は誰かの優しさだもんな。
私も誰かのことを苦しくしてるかもしれないって思うと、どんどん慎重になってしまうや。
でもでもさ、あなたのことをおもっていますよーがない優しさってなんだろか。
私が考える優しさや思いやりには、前提に伝わらないと意味がないってのがあって、特定の相手がいる場合、それはセットでなくてはならないのではないかと思っている。プロセスを大事にするのもそうだけど、それをその相手に求めるのって変だな。違和感すごいある。
見てる人は見てると思うけど、それはまだ別のストーリーなんじゃないか。
そんなに何役もできないよね。ほんとにそうだ。諦めることもいいと思うし、諦めないって究極の自分かわいいなんじゃないか。






仕事をやめたら九州をぐるっとしたい。ミツさんとこに行きたい。長野にもちょっと長く滞在してみたい。東北も青森にも行きたい。
住みたい場所が見つかるまでぐるぐるしたい。
自分で自分を追いかけ回していたので、よしよし、ゆっくりしようねって自分に言ってあげたい。


住む場所なんてどこでもいいって思えたらここじゃなくてもいいって強く思うし、家族の形もいろいろあっていいって思うとどんどんはみ出してしまう。やっぱり、契約とかは窮屈だ。家族というものが、夫婦というものが契約に縛られてるって思ってしまう自分が良くないのだけど。
無くてもかわんないならなくてもいいじゃんって部分全然変わらないなぁ。


ほんとうは少し縛られるくらいが普通に生きるにはちょうど良いし今までそうだったから生きてこれていたのかなーと今は思う。
カオスに憧れているんじゃなくて嫌悪しているのかもな。憧れてると思ってたけどカオスを閉じ込めているのかもしれないぞー
という、新しい考え。

タイトルが思いつかない時は平凡を平凡と思っている時

すっごいねむい。土曜日から、すごい。
今までの人生で多分一番眠い。
動いてる時は動けるのだけど、座ったりその場に立っていたりがふらふらする。
これが、眠気と関係あるのかはわからないけど座っている時は何かに寄りかからないと座っていられない。スーパーのレジでふらつく。

なのに夜ぐっすり眠れない。から日中眠い。だるい。の悪循環。もともと年齢も相まって悪循環は見えていたのですが、8月にドッときて ここ数日は更に…!

ということで枕を買いました。いや、寝具を変えようと提案されたのでそれに乗っかった形。なんなら睡眠改善薬も買った。
おもしろいのは、ここでそれなんだ…!ってこと。提案した人はすごい眠れる人で、早く寝ても起きちゃったりしない。ゴタゴタが起きててもふわっていなくなって寝てる。
朝早く起きる!って約束しても起きた試しがない。私にはそれがよくわからなかった。
だけど、この状況で睡眠から始めようとすることで、彼にとってとても大事にしているものだったんだと理解できた。
それは多分よかった。

これで上手く回るようになったらそれはとてもラッキーなこと。
自分のことでも自分が介入しないほうが良いこともあるのかもしれない。わからない。まだ全然わからないけど。







ベタだねーの一言で済ませてもらって構わないのですが、佐々木希さんと石原さとみさんが可愛過ぎて可愛過ぎて恋に近い感じになっていますし、いくらでも眺めていられます。
かわいいは作れるけど土台がないとつくれないよー。
そして、今日はゴットタンを見ながらご飯を作りますし、運転中は玉置浩二でグッときていたので楽しい一日です。
ご飯を最後まで作りきれたら完璧。


はらどーなつでしめる

濃いー数日。詰め込んだ、詰め込まれた。
サプライズ、サプライズ。8月の私はサプライズの女(されるほう)。

いろいろな場面で、やっててよかったと思いました。それは、自分のしてることが間違ってなかったよとふんわり包んでもらえた感覚で、もう少し自分を信じてみたいなと思わせてもらったから。思わせてもらった!

ただ、すぐ忘れちゃうからちゃんと血となり肉としたい。そうすることが恩返し的な。



年を取ることは枯れることじゃなくてどんどん膨らんでいくことで、膨らみきったところでドッと倒れるのが死だ。って言葉がとても好きです。



なんだけど、今日は一日中眠かった。立っててもふらふら。
悲しいこともあった。悲しいことや苦しいことを減らしたいと思って生きてる身にとっては、それは嫌なことで、
でも、楽しいことを増やしたいと思ってる人 からすると、「それよりも」とか「そんなことで」なのかもしれない。
こわかったしびっくりしただけなのに、もう存在がそうなってるのを実感した。
それが一番つらいことだった。


それでもパニックにならなかったことは褒めよう。よしよし。仕方ない仕方ない優しく優しく。苦しさもいつか平気になるはずーーー








全部メモ

ゴールから逆算する人だった。わたし。

だからかーってなっている。

なんにも策がなくて愛もないもの(否定するのに自分の気持ちを教えてくれないものは愛がないとする)に振り回されたくない。
合理的ってすごく言われるけど、こうじゃないと時間も身体もお金も全部足りない。
手をかけたいところにかけたい。
好きな人にパワーを使いたい。
逢いたい人に逢いに行きたい。


そのための計画を合理的だなって攻めの一手にされるとちょっと腹立つなー。

でも、悪気ないんだよなー。それも優しさなんだろうなー。でも腹立つなーって、ほっぺくねくねさせて話せたらなって、きっとそういう関係を理想としてもっているのかもしれない。それは高校生がやることかもしれないけど、
頭くしゃってされたり、肩をポンって叩いたり、言えないかわりの大丈夫だよの合図をあげたりもらったりしたかっただけなんだよなー。


それがわかってるからそれをほしいと思ってしまう。たぶん、これがよくないやつだ


あー、メモメモ。全部メモ。なんの意味もない。