春は30デニールのタイツで

考える、の整理をしたいと思っています。

キャッチフレーズだけの世界

やったら最高におもしろい企画だけど、やらなかったら最低なおもしろくない企画だよ、って台詞が

まさにまさにまさにまさに、

 

と頭の中をぐるぐるしている。

ただ、やるだけ。それにそっと添えたり助けになったりするのがキャッチコピーなのかな。

どんなに綺麗でステキでも刺さらないのはそういうことか

 

 

信じているからこそ疑うんだ。

信じると疑うは二つで一つで同じ意味かもしれない。

 

 

 

 

きょうはイヤリングを作る日にした。

作りながらいろんなこと考えられてお得な日だよ。

歌詞も書こうかな

まだくすぶっていることにきづいているのに

何年も前のやつが全然消化されてない

これは話すとちっちゃくなってくもんなのかな。情けないけどあの時すごく傷ついたんだなぁ。

とまだ出てきた。

 

 

 

 

自分で慰めてあげるしかない。そしてその分視界が広がるのかもしれない

というか、自分で慰めるまできた。すごいね、わたしがんばったわ

 

 

 

ーーーーーー

週末のことは大事すぎてあんまり話したくないし、話してもきっと100分の1くらいしか伝わらないと思ってるんだけど、それでも残しておきたいのは、いつかの力になるような気がするから。

好きなものを好きだって、大事なものを大事だって、言われたらうれしいし言える自分にも喜びを感じている。

感想を残すって大事だなと思っている。好きな人にもものにも出来るだけ心を込めてやれる環境が続いて欲しい。

 

 

今週はお弁当作るぞ。夜ご飯もがんばる。

 

 

知りに行く

またひとつ、自分のすきなものをしる

 

 

もっと気軽に遊びたい。

漫画を読むように哲学書も読みたい

 

Twitterをするようにあなたの好きなところを伝えたい。

 

 

 

おもしろかったー、やっぱり、あの空気感が好きだ。そう思うと、私はやっぱりカオスよりも秩序さんだな。今ならそれもいいなと思える

 

ワークをしている間の時間の過ぎ方こそ、幸せな時間の過ぎ方だった。

 

 

 

何より、自分が贈った言葉を喜んでもらえるのって、すごくすごくうれしいんだなぁ

いやぁ、行って良かった。

 

再結成して欲しくない人たちなんていない

再結成してほしいとも思っていないけれど、好きな人たちが生きていてくれて更に音楽を続けてくれて認め合っててまたやりたいと思ったなら目的なんてどうでもいい。うれしいしかない。

 

集合写真を撮っているという事実だけで泣ける

 

 

音楽というか、人そのものが好きで、時代とか関係性とか、そういうのが見たり聞いたり続いているのを知れるのがうれしい

 

いやー、年をとるのは楽しい。

 

大好きなベーシストがナンバーガール再結成してもうれしくないって言ってたけど、今日はお酒飲むってメールきてかわいすぎるわ、となってる。

 

 

今この時も感情更に高めようとして書いてるところあるな。出したい。

 

 

ちょっと人間不信な部分強く出ててぐるぐるしてたんだけど、ふっとぶなー。

音楽に救われることもある、わたしはあるぞ。

やれることをただひたすらに。焦らない。

 

 

今日はお酒をのみたい。明日は名古屋いくーワークショップ初参加…!

 

光のような人と付き合いたい。

きっと誰もがそう思っているので、みんな光っている。

見え方なだけ。

 

だから誰でもよくないし、私にとって光のような人のそばにいたい。

 

力をくれる人と付き合うべきだよ、やっぱり。

それは、ほんとうにそうだよ。結婚とか家族とか血の繋がりとか、そういうのとは別に、ちゃんとそばに置いて生きてもいいんじゃないかな。

だって、いるもんね。

力をくれる人っているんだもんね。

タンスの中の洋服を全部だして思うこと

割と長く書いた日記を何度も下書きにして。

こんなまわりくどいことをいいたいんじゃないんだ今は、ってモヤモヤする。を繰り返している

 

 

なんでモヤモヤするのかを今やっと、いつもよりじっくり人のせいにせずに考えたら

 

・自分のしたい(済ませたい)ことができていない

・罪悪感

 

の二点のみだった

 

身体の調子が良くない、気がかりなことがあった、ホルモンバランス、季節的な、など要素はたくさんあって、たしかにこの二週間は凄まじい速さで過ぎていった。確実に過ごした毎日は確実に過ごせば過ごすたび、私の体力や気力を奪っていってる。

そしてどこかで誰かのせいにしたい気持ちと自分はなんにもしていない役にたっていないんじゃないか…と自分を責めたい気持ちを抱きしめていた。

 

 

なかなか、すんなり歩くことはできないけど、こわさを越えて生きていく。

 

これだ!ってものが私はないので、そういう人でも生きていけるようにしたい。まずは自分から。

 

 

きょうのすきなものたち

知らない街

知らない街までの道

商店街

ワゴンセール

J-POP

パン🍞

うぐいす餅

遊園地

おじいさん同士の会話

スーパー銭湯

炒飯

きくらげ

昔のレストラン

のショーケース

違いを知る時間

記念メダル

お城

 

どこかでお城に行くたびに桜の季節の掛川城を思い出す。天気の良い日に誰かを待ちながらお酒を飲むのが好きだった。

ポップな毎日でありたい。それはとても意識している。